F裁判で使える報告書作成

信頼出来る不倫調査なら!

浮気調査・不倫調査のプロフェッショナル!
匿名で相談可能!無料見積もり!調査保障つき!

あなたにピッタリの探偵を2分で診断!探偵さがしならタントくん

F裁判で使える報告書作成

不倫調査をして不倫の現場を押さえただけでは、探偵の仕事としてはまだ不十分です。

 

これを裁判で使える証拠として、報告書を作成することが重要です。

 

離婚を巡る裁判では不貞行為が行われたかどうか、それを指し示す証拠の存在が大きなカギを握ります。

 

証拠として最も確かなものは不倫をしたパートナーの自白であり、不倫をしたという念書を出すことが一番いいですが、そう認めてくれる人はなかなかいません。

 

そのため、不貞行為の現場、例えばラブホテルなどから出入りしたところを撮影した写真がこうした裁判では大変重要です。不倫調査で知りえた情報、特に不貞行為の現場を押さえた写真などを中心に報告書が作成されていくこととなります。

 

報告書をチェックする上でのポイントは、不貞行為の現場の写真が鮮明に撮影されているかどうか、不倫調査の内容が時系列になっていて把握しやすいものなのかどうか、調査現場の地図などが添付されているかどうか、そして、客観的な目で作成されたものかどうか、これらが大きく左右します。

 

とはいえ、作成されないことにはチェックできないではないかと思われがちです。そこで不倫調査を依頼する前に報告書のサンプルを見せてもらうことが大事です。

 

報告書のサンプルを見せてもらうことで、どのようにして作られているのか、レイアウトがどうなのかなどがすぐにわかります。実際に口頭で説明されるより、現物を見た方がイメージしやすいため、こうしたものが見ることのできるところに依頼することをおすすめします。

 

また、付属の資料というものも裁判では重要です。付属の資料はそれだけでは証拠として弱いものの、不貞行為の現場の証拠を強化するには十分なものが添付されることになります。例えば、ビデオ映像などもその1つです。こうしたものも裁判で使える報告書としては大変重要です。

 

どこの探偵でも同じくらいのクオリティになるのではないかと思いがちですが、実際のところは探偵の腕、調査力でその出来が大きく違ってきます。不貞行為の現場の写真が鮮明ではなく、証拠として認められないということも実際にある話です。

 

高いお金を出して不倫調査をしてもらい、結果として裁判では使うことのできない報告書を作成されては何の意味もありません。探偵事務所を選ぶ際には、報告書のサンプルを見せてもらえるところを探し、そのサンプルを吟味することでどこに依頼するか決めることが重要であり、納得がいくまで見比べることが必要です。

不倫調査力が非常に高い探偵社を紹介!

調査依頼を検討ならこちらをご紹介致します。

探偵さがしのタントくん

 

独自の審査基準を設け厳選された探偵事務所・興信所をご紹介


・各都道府県の警察署公安委員会へ探偵業の届出
・年間解決実績約500件以上
・探偵数15人以上
・安心の探偵選びが可能!

 

探偵さがしのタントくん


原一探偵事務所


 

調査実績42年

・24時時間365日 全国対応の相談無料
・安心料金設定のお見積もり無料
・安心と信頼の証!県庁のHPにも掲載

 

原一探偵事務所


まずは、一人で悩ます探偵社にご相談下さい。
迷ったたらこちらがオススメですね。

匿名OK!何度でも無料相談が可能!

納得してから依頼が可能
しつこい営業電話が一切無い!

匿名OK!安心の探偵選びなら、タントくん