A対象者や重要人物の接触頻度の行動を明確にさせる

信頼出来る不倫調査なら!

浮気調査・不倫調査のプロフェッショナル!
匿名で相談可能!無料見積もり!調査保障つき!

あなたにピッタリの探偵を2分で診断!探偵さがしならタントくん

A対象者や重要人物の接触頻度の行動を明確にさせる

不倫調査を行う際、やるべきことの1つに、対象者や重要人物と目される人間がどれほど頻繁に接触しているか、その接触頻度を明らかにし、行動を明確にさせるということが挙げられます。

 

これをしておくことによって、不倫調査もしやすいだけでなく、対象者、そして浮気相手がどういう流れで接触をする傾向にあるのか、どれほどの関係なのかが分かります。

 

例えば、毎日もしくは3日に1回など頻繁に接触していれば不倫調査が短期間に終了することになる一方、月に1回程度では調査が長引くことが予想されますし、これでは行動を明確にしようにも不十分です。

 

行動を明確にさせることの難しさは対象者の働き方に大きく左右されます。

 

例えば、休日に友人とゴルフに行くとウソをついて浮気相手に会いに行く場合、家のところから尾行をすればいいだけの話でむしろその行動は分かりやすくなりますが、仕事が終わってから会う場合、デスクワークがメインの人であれば行動はつかみやすく、外回りが多く、直帰の多い営業マンは少々追跡が大変です。

 

さらにフリーターやフリーランスで働く人のようにオフィスを持たず、至る所で仕事をしようと思えばできる人はマークする範囲も広がり、かなりの費用と時間を要することになります。

 

こうした調査範囲を狭めるために必要なのは依頼主からの情報です。
怪しい動きが多い曜日、その際の言い訳など、意外とパターン化されます。

 

それを分析し、仮説を立て、それに沿って調査をするというのは大事なことです。
闇雲に調査をしても徒労に終わることが多々ありますが、ちょっとした情報でもそれがプラスに働きます。

 

釣りでも、大体この時期はここらへんに魚がいるというのが分かるからこそ釣りを楽しめることができるように、調査に入る前、依頼主にどんな情報でもいいから提供してほしいと伝えることも重要です。

 

パターンを見つけ、確実にこういった動きを見せると分かれば、あとは現場を押さえて任務は成功ということになります。

 

ここで気を付けたいのは、対象者に不倫調査が感づかれた時です。

 

パターンを変えられるだけでなく、不倫調査が発覚してしまうと逆手に取られ、一転して依頼主が窮地に立たされてしまいます。不倫調査においては、相手の警戒度合いというのも見ておかないといけません。

 

神経質な対象者であると分かれば、人員を増やして対応することになります。
不倫調査で証拠をゲットするのは、そう簡単なことではなく、情報や経験などのスキルがモノを言います。

不倫調査力が非常に高い探偵社を紹介!

調査依頼を検討ならこちらをご紹介致します。

探偵さがしのタントくん

 

独自の審査基準を設け厳選された探偵事務所・興信所をご紹介


・各都道府県の警察署公安委員会へ探偵業の届出
・年間解決実績約500件以上
・探偵数15人以上
・安心の探偵選びが可能!

 

探偵さがしのタントくん


原一探偵事務所


 

調査実績42年

・24時時間365日 全国対応の相談無料
・安心料金設定のお見積もり無料
・安心と信頼の証!県庁のHPにも掲載

 

原一探偵事務所


まずは、一人で悩ます探偵社にご相談下さい。
迷ったたらこちらがオススメですね。

匿名OK!何度でも無料相談が可能!

納得してから依頼が可能
しつこい営業電話が一切無い!

匿名OK!安心の探偵選びなら、タントくん