【危険】自分で不倫調査中の違法行為とは?

信頼出来る不倫調査なら!

浮気調査・不倫調査のプロフェッショナル!
匿名で相談可能!無料見積もり!調査保障つき!

あなたにピッタリの探偵を2分で診断!探偵さがしならタントくん

【危険】自分で不倫調査中の違法行為とは?

不倫調査を行う方法として、自分でやる方法と、業者に依頼してお金を支払う方法の二つがあります。

 

自分で不倫調査を行う場合は一定のリスクが伴います。

 

知らず知らずのうちに、自分のやっていたことが犯罪行為、違法行為とならないように注意しなければなりません。

 

自分で不倫調査を行う方法として、まずひとつめにクレジットカードなどの利用履歴や明細を調べるという方法があります。

 

大きな買い物をした履歴が残っているのに、そのものが自宅になかったり、出張で遠方に行っていた日に近くの飲食店を利用しているなど、言っていたことと合わないことがあれば、それは怪しいといえます。
その他に車のETCの履歴を調べることも参考になるでしょう。

 

次にタンスをチェックする方法です。これは妻の不倫を疑う男性に有効な方法です。
下着の入ったタンスは、夫はほとんど見ることはないでしょう。見慣れない下着がある場合など、疑いが強まります。
次にソーシャルネットワークサービスを利用する方法があげられます。

 

SNSを使いつながりを持ち、不倫に発展するという人も多くなっています。そしてお金の出入りをチェックすることも有効です。
買い物をした形跡がほとんどないにもかかわらず出費が増えている場合は、ホテル代など不倫相手に使っている場合も考えられます。

 

そして一番大切なことは、普段との違いに敏感になるということです。
不倫をはじめると、いくら隠しているつもりでも、なにかしらの変化があらわれます。小さな変化を見逃さないようにしましょう。

 

自分で不倫調査を行う場合、その行為が犯罪行為や違法行為ではないかをしっかりと確認して行動することが重要になります。違法行為や犯罪行為を行ってしまった場合には、反対に離婚を要求されてしまったり、慰謝料を請求されてしまう場合もあります。

 

離婚をするつもりはなかったのに、違法行為を行ったことで離婚を請求されると、結婚を継続しがたい重大な理由に該当すると判断されてしまう場合もあります。

 

不倫調査の中で違法行為となるものは、アプリなどに勝手にログインすることがあげられます。これは不正アクセス禁止法違反に該当し、逮捕されてしまいます。

 

またスマートフォンや携帯電話のロックを解除することは、刑事罰には課せられませんが、民事的には不法行為にあたり、反対に慰謝料の請求をされてしまう場合もあります。

 

もちろん盗聴器をしかけるなどの行為も違法行為にあたるので、自分で不倫調査を行う場合には十分注意しましょう。

不倫調査力が非常に高い探偵社を紹介!

調査依頼を検討ならこちらをご紹介致します。

探偵さがしのタントくん

 

独自の審査基準を設け厳選された探偵事務所・興信所をご紹介


・各都道府県の警察署公安委員会へ探偵業の届出
・年間解決実績約500件以上
・探偵数15人以上
・安心の探偵選びが可能!

 

探偵さがしのタントくん


原一探偵事務所


 

調査実績42年

・24時時間365日 全国対応の相談無料
・安心料金設定のお見積もり無料
・安心と信頼の証!県庁のHPにも掲載

 

原一探偵事務所


まずは、一人で悩ます探偵社にご相談下さい。
迷ったたらこちらがオススメですね。

匿名OK!何度でも無料相談が可能!

納得してから依頼が可能
しつこい営業電話が一切無い!

匿名OK!安心の探偵選びなら、タントくん